スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海を渡った日本の花 (30) ショウジョウバカマ 「東アジア・北米隔離分布」

Heloniopsis orientalis

太古の時代に北東アジアと北米とが地理学的に結ばれていた事の証拠となった植物の一つ. 
 
Thunberg-S bifolia orientalisツンベルクは“Flora Japonica (1784)” で,ショウジョウバカマを欧州に自生するツルボの一種,Scilla biflora と同じとして記載したが,1794 年にその誤りに気づき,新種として “Trans. Linn. Soc. London 2: 334. 1794” で Scilla orientalis の学名を与えた(左図,上下). 

一方,日本開国のきType speciment NYBGっかけとなったペリー艦隊と同時期に,北東アジア沿岸を探索した米海軍ロジャー提督の艦隊に同行した植物採集家のチャールズ・ライト(1811~1885)が北海道の北端,稚内ノサップ岬付近で採集した植物標本の中にショウジョウバカマがあり(右図),これらの艦隊が収集した植物標本を研究したハーバード大学のエイサ・グレイ教授(Asa Gray, 1810-1888)は,ショウジョウバカマが合衆国のペンシルバニアやデラウエア州に自生する Helonias bullata に似ている事に気がつき,Helenopsis pauciflora の学名を与えると共に,東北アジアと北米大陸の植生の類似性を指摘した.
 “I now come to a very interesting plant, of which two or three specimens were gathered on Cape Romanzoff, in fruit only, but with all the parts of the flower so far persistent that the whole structure has been made out, and secured by drawings. It may be briefly described as a Helonias with few flowers, a single and slender style surmounted by a depressed-capitate stigma, and the seeds appendaged only at the hilum.
 Two things are noteworthy respecting this plant: -
1. Its conformity to the rule, if it may be so called, that peculiar Eastern North American types have their counter parts in Japan. For the original and only true Helonias - one of the rarest plants in the United States - is found only in a few localities in New Jersey, the adjacent parts of Pennsylvania and Delaware, and in Virginia.
2. Its single style, with even the stigmas united into one, annihilates one of the two diagnostic characters of the order Melanthacae . There is reason for supposing that the common Chamaelirium luteum (Veratrum luteum, Linn., Helonias dioica, Pursh.), of the Atlantic United States, likewise has a Japanese counterpart in the Melanthium luteum of Thunberg, or Helonias ? Japonica, R. & S. ; but this plant has not been rediscovered.”(from "Memoirs of the American Academy of Arts and Sciences, New Series", Vol. 6, No. 2 (1859), pp. 377-452)

彼は他にもペリー艦隊の採集した資料やシーボルトの "Flora Japonica" から,日本と北米との野生植物との類似性に着目し,「東アジア・北米隔離分布」の概念を1859年に発表した.この「隔離分布」はブナ,ツガ,ユリノキやヒトツバタゴなどの高木類,マンサクやアジサイなどの灌木類,カタクリ、ザゼンソウ、ショウジョウバカマ、エンレイソウなどの草類で確認され,現在では、古代、北米大陸とユーラシア大陸が北部で陸続きであった事の重要な生物学的証拠と認められている.

その後,ツンベルクの与えた種小名 orinetalis が先名ルールにより復活し,現在の学名となった.なお,Heloniopsis とは Helonias に似ているとの意味である.

Curtis 1804 747m Curtis BM 6986m
ショウジョウバカマの類,上左:米国産(Heloniopsis bullata, Curtis’s Botanical Magazine,1804) 銅版手彩色, 上右:日本産ショウジョウバカマ,(Heloniopsis japonica, = H. orientalis  , 同誌, 1888) 石版手彩色

ペリーの航海は、約200年間鎖国していた日本と米国の架け橋となったが,日本の寄港地で自然資料を積極的に収集した彼の探究心が,期せずして自然科学の上で,太古の時代に東アジアと北米とが実際に結ばれていた事の証拠をもたらすきっかけとなった.
スポンサーサイト

プロフィール

花盛屋敷

Author:花盛屋敷
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

Please visit my another Blog

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

RSSリンクの表示

最新コメント

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。