スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カニクサ ツンベルク 英国・米国では観賞用に導入 米国南部では厄介者に ハワイでも

西欧にカニクサに学名をつけて紹介したのは,長崎出島のオランダ商館の医師として赴任し,多くの日本産の植物を紹Thunb 328介したカール・ツンベルク (Carl Peter Thunberg, 1743-1828,滞日1775 - 1776)で,彼の『日本植物誌』(Flora Japonica)(1784)にはハナヤスリ科ハナヤスリ属に属するとして Ophioglossum japonica と命名して記載した(右図).

しかし 1800年に Olof or Olavo (Peter) Swartz (1760-1818) がフサシダ科カニクサ属 Lygodium に転科転属し,現在有効な学名 Lygodium japonicum にした.

1857, Lygodium Japonicum, E J Lowe Ferns British And Exoticツンベルクの『日本植物誌』には,生育地として長崎,越戸?,薩摩が挙げられ,日本名として,Kaikinsja, Siamisen Tsulu, Sasin Ito が記録されている.長崎地方の地方名でそれぞれ,海金砂,三味線蔓,三線(さんしん)糸と思われ,カニクサ(1/3)に記した江戸時代の本草書の地方名と比較すると興味深い.

江戸時代には,日本ではカニクサは観賞用として栽培されていたが,英国・米国にも19-20 世紀に鑑賞用植物として導入された.

英国では遅くとも 1857 年には,美しいシダとの評価が確立していて,いくつもの庭園,植物園で栽培されていた.左に掲げた E. J. Lowe の “Ferns British And Exotic” の説明文には Japanese climbing fern として “A very pretty climbing Fern. A stove species” 「大変可愛らしい蔓性のシダ,温室向き」とし “It may be procured of any Nurseryman” 「多くの育苗園から入手できよう」とある.ヤツデと同様,当時流行だった熱帯地方の植生をイメージさせる鉢植え,特に噴水や池の近くのパーゴラやトレリスにからませるために用いられたと考えられる.

米国には1900年代初めに観賞用 (ornamental plant) として,フロリダに導入された.

しかし英国とは異なり暖かいこの地方では,逃げ出し野生化した.M. L. Anderson は American Fern Journal vol. XI, p90 (1921) に,彼女は「1913年に南カロナイナの
AFJ vXI 1921
友人の庭で,近くの藪で採集され,鉢植えにされたカニクサをみた.1920年3月には南カロナイナ,サウスビルの町の目抜き通りの溝に生えているのを見出した.その時点では乾いて褐色の胞子葉をつけていて,数フィートの長さに達し,小さな藪に絡まっていた.2本ほど苗を持ってきて鉢に植えたが,一年後には,数フィートの長さまで盛んに成長した.
ジョージア州では1905年には帰化していることが確認されている.またチャールストンの L. Bragg さんは,この植物は園芸家によって導入されて,温室で美しいつる植物として育てられていたが,逃げ出し野生化した.と言っている.
た,日本に長年暮らしている友人から,” Kamahura” (鎌倉)周辺の6箇所以上の場所で,カニクサが砂丘に生えている松林の縁に生えている竹に絡まっていたり,地面を這っていたりするのを観察した.しかし,このシダは二三種の自生のシダとは異なり,観賞用とはされていない.」と記している.

逃げ出し野生化したカニクサは,30㍍にも巨大化することもあるとのこと.これに胞子をつけて撒布し,子孫を増やしたカニクサは,厄介者と化した.以下のHPに繁茂の状況が詳しいが,まさにジャングル状況.(USDA, National Invasive Species Information Center, www.invasivespeciesinfo.gov/plants/japclimbfern.shtml).
スイカズラと同様に樹木に絡まりキャノピーをつくり,樹木や,その下に生える植物の光合成を阻害するだけではない.山火事の際には,樹冠まで火を誘導し,樹木を完全に燃やしてしまうが,自分自身は土中に茎や根があるため,火の影響をうけず,火事のあとはむしろ灰の栄養を受けてますます繁茂し,胞子で生息域を拡大する.

現在では南部を中心に 14 州への侵入が確認されていてますます分布域を広げる勢いだ.
スポンサーサイト

プロフィール

花盛屋敷

Author:花盛屋敷
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

Please visit my another Blog

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

RSSリンクの表示

最新コメント

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。