スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

輸出用百合型録 株式会社横浜植木商会 明治31年 (10/10)

LILIES OF JAPAN BY THE YOKOHAMA NURSERY Co., Ltd 1899年
寺島良安『和漢三才図会』(1713頃)
「山丹(やまゆり)」 (注 現在のヒメユリか?ヤマユリではない.挿図は前記事)
本綱 山丹は其の根百合に似て、小さくして弁少なく、茎も亦た短く小さし。其の葉狭く長くして尖り、頗る柳の葉に似て、百合とは迥(はるか)に別なり。四月に紅花を開く、六弁四もに垂れず。亦た小さき子を結ぶ。其の根も亦た之れを食ふに甚だ良からず、白花の者に及ばず。根(甘く涼)瘡腫及び女人の崩中を治す。其の花は血を活し、其の芯は庁瘡悪腫に傳く。画譜に云ふ、山丹の花は朱紅の如く、外に黄白の二種有る者奇と称するも亦た在り。春分に分かち種う。
夫木 庭の面の犬さへさくる夏の日に独り露けきひめゆりの花 土御門院

△按ずるに山丹の花は横に垂れ或は上に向ふ。肉は紅色に細点有り、或は之れ無く、摂州多田の奥の山中に多く之れ有り。
 児山丹(ちごゆり) 花小さく美にして茎矮(ひく)く甚だ愛づべし。江戸より出づ。
 唐山丹(からゆり) 花の色正赤、弁厚くして上に向ふ。同じく相似て弁薄き者を緋山丹(ひゆり)と名づく。此の二種中国より来る種なり。唯だ未だ外黄白の二種を見ざるのみ。  
 
Combined Lilies-2 「巻丹(おにゆり)」 = オニユリ
本綱、巻丹の茎葉は山丹に似て梢長く太く、其の花六弁紅花、黄を帯びて四もに垂れ、山丹より大にして上に黒き斑点有り。四月に子を結ぶ。其の子先づ結んで枝葉の間に在り。秋に入りて花を開き顚(いただき)に在り。誠に一異なり。其の根に弁有りて百合に似たり。食ふに堪へず。
△按ずるに、巻丹は千葉有り、単葉有り。処処に皆多くして甚だ之れを賞せず。画譜に云ふ、番山丹に二種有り、一種は花の大きさ碗の如く、弁倶に捲き転(かえ)り、高さ四五尺、一種は花椀の如く砂本止尺に盈つ。茂る者一榦両三花朶、更に観つべし。亦た毎年八九月を須(ま)ちて分ち種ゑ、方さに盛んなり。

「車山丹(くるまゆり)」 = クルマユリ
△按ずるに、此れも亦た巻丹の別種なり。葉は略(ちと)潤ひ、対生して車輪の如き故、車山丹と名づく。其の花弁捲き転(かへ)り、横に垂る、数種有り。下野の日光の産は花小さく深黄色、和州の大峯の産は赤色に黒き点有り珍と為す。黄色の花大なる者を竹島と名づく(注 タケシマユリ(竹島百合)Lilium hansoniiか)。倶に花を以って之れを賞す。

Japan Lily X Japan Lily XIX
X. Lilium tigrinum splendens. オニユリの品種
XIX. Lilium medeoloides. クルマユリ

Japan Lily XXV Japan Lily XII
XXV. Lilium davuricum. エゾスカシユリ
XII. Lilium callosum. ノヒメユリ/スゲユリ

Japan Lily XXXIII Japan Lily XXXIV Japan Lily XXXV
XXXIII. Lilium concolor salisb. Coridion OKIHIME. ヒメユリの品種
XXXIV. Lilium concolor salisb . ヒメユリの品種
XXXV. Lilium concolor salisb. Coridion. ヒメユリの品種
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

http://psieboldii.blog48.fc2.com/tb.php/114-e5c6a95b

プロフィール

花盛屋敷

Author:花盛屋敷
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

Please visit my another Blog

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

RSSリンクの表示

最新コメント

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。