スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ペリー提督日本遠征記」第二巻 1856 - 1858 (10) 貝類(2)

“Narrative of the expedition of an American squadron to the China seas and Japan” vol. 2 (10)
S.E.モリソン『伝記ペリー提督の日本開国』(座本勝之訳)二〇〇〇年双葉社に拠ると「ペリーは、単なる勇猛果敢な士官、あるいは卓越した外交官だけではなかった。14歳のときから、艦上で独学により諸外国語を習得し、古代と近代の文学詩歌にも精通していた。また、植物学・貝類学者として、航海をしたあらゆる場所で珍しい植物や魚介類の収集に努力した。」ペリーは航海中寄港地で貝類も乗組員に集めさせた他,標本を購入し,また和親条約締結後,「(大統領からの贈り物に対する返礼として,将軍から)提督には100種類以上の貝殻見本が贈られ、貝類学に興味を持つペリーは大満足であった。」とある.帰国後,遠征記の第二巻に日本の貝殻類についてジョン・クラークソン・ジェイに同定と考察を依頼し,貝殻類については美しい挿し絵が入っていた.その後,「ペリーはスミソニアン学術協会のジョセフ・ヘンリー館長ならびにスペンサー・F・ベイヤード副館長に連絡を取り、東洋から持ち帰った鳥の剥製・貝類・魚の皮等を寄贈した。」

Pecten Yesoensis (plate three, fig 3-4) と Bullia Perryi (plate four, fig 13-15) はこの図と伴う記述が原記載であり,後者はペリー提督に献名されたと思われる.
Perry Conchology III
Plate three.
fig. 1- 2:Dipsas plicatus Cristaria plicata, カラスガイ, collection is marked as coming from Shanghai
fig. 3 – 4 : Pecten Yessoensis, Mizuhopecten yessoensis, Japanese scallop, ホタテガイ, Hakodadi

Perry Conchology V
Plate five
fig. 1- 3 : Helix Simodae, ?, ?, Simoda, Japan
fig. 4- 6 : Helix Simodae var., ?, ?, Simoda, Japan
fig. 7- 9 : Helix Perryi, ?, ?, Yedo
fig. 10 – 12 : Lymnffia Japonica, Lymnaea (Radix) japonica, モノアラガヒ, Simoda
fig. 13- 15 : Bullia Perryi, Bullia perryi (Jay, 1855), バイの一種(バイ属 (Babylonia), Bay of Yedo
fig. 16 – 17 : Purpura septentrionalis, Nucella lamellosa (Gmelin, 1791), ヒレチヂミボラ, uncertain

『伝記ペリー提督の日本開国』には非常に興味深く示唆に富む記事が満載だが,いくつかの誤りがある.

「さて、これまでの醜い植物論争に比べ、提督が楽しい仕事ができたのはニューヨーク州ベドフォードのジェームズ・C・プレプールトとの関係であった。彼は『遠征記』の魚類の識別とその説明を受け持っていた。
東洋への航海を通じて、遠征艦隊は少なくとも数百種に及ぶ魚を採集し、同数の蟹や貝類を収集していた。これらの標本のうち重要なものはハイネ、ベイヤード・テイラーその他の者がスケッチをし、貝類や魚類の皮はできるだけ乾燥させて米国へ持ち帰っていた。
それらはH・パターソンとW・T・ピーターズという2人の画家により色彩画として描き上げられ、プレブールト*が識別と観察を行った。
魚類学上、新しい種類の発見が数多くあり、その中の1つで箱館で捕れたきれいな鮭は「サルモ・ペリイ**」と命名され、「海蛇***」2種はそれぞれ「へリックス****」、「ピュリア・ペリイ*****」と名づけられた。これらの作業には莫大な時間と数々の労苦が伴い、ワシントン、ニューヨーク、そしてベドフォードの多くの人々を巻き込んで活発な意見が交換された。」

*貝類についてジョン・クラークソン・ジェイが同定と考察を行った
**イトウ,原学名 Hucho perryi
***「貝類」の誤り
**** plate five: Helix Perryi
***** ブリア・ペリー(plate five: Bullia Perryi,バイの一種)の誤り.


Museum + coin
ペリーは他にコインも集めていて,そのコレクションが英国ケンブリッジのフィッツウィリアム博物館で2009年に展示されたが ,その中には訪日時に入手したと思われる「寛永通宝」など日本の貨幣も何枚か含まれていた.また,上記の書籍によればぺりーは琉球でコインを入手したいと思っていたが,かなわず大変失望したとある.

この博物館は入場が無料だったので,冬の寒い時期にはよく寒さしのぎもかねて訪れたが,絵画のコレクションは充実していた.
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

http://psieboldii.blog48.fc2.com/tb.php/131-afe0b782

プロフィール

花盛屋敷

Author:花盛屋敷
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

Please visit my another Blog

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

RSSリンクの表示

最新コメント

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。