スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海を渡った日本の花 (39) トベラ Japanese mock-orange

Pittosporum tobira

トベラは節分や大晦日に門に飾り,ヒイラギと同様に鬼を祓うのに使ったという.  
 
P1010112 2006年4月中旬に訪れた米国北カロライナ州のウィルミントンはもう初夏の気候で海岸は大西洋の波と戯れる海水浴客でにぎわっていたが,砂地に生えていたこんもりとした常緑の灌木には,よい香りのする白い厚手の花弁の花が群がって咲いていた.これは日本原産のトベラ Japanese Pittosporum で,現地では良い香りのすることから “Japanese Mock Orange 日本オレンジもどき” と呼んでいた.同行していたカリフォルニア在住の英国人 Kate-san の話では,カリフォルニアでも海岸に沢山生えているとのこと.
P1010044 他にはJapanese Pittosporum, Japanese cheesewood ともよばれ,米国ではかなりポピュラーな木のようだ.近くのヨットハーバーでは斑入り葉の大きな繁みがいっぱいに淡黄色の花をつけ,つややかに葉を輝かせていた(右図).

Kaempfer Tobera 欧州に最初に紹介したのは,ケンペルで,彼の『廻国奇観』 (1712 ) に図入りで “Tobera", "Tobira” と記載した(左図).リンネの弟子で,やはり出島の医師であったツンベルクは大著 ”Flora Japonica” (1784) でニシキギ科に属するとして Euonymus tobira という学名をつけたが,後に W.T. Aiton が 1811 年に,トベラ科トベラ属(Pittosporaceae, Pittosporum)をたて,その一員とした.

英国キューガーデンに移入されたのは 1804 年で,東インド会社のHenry Addington と Kirkpatrick 船長によるとされ,Curtis 18111811 年の Curtis Botanical Magazine には花の咲いた枝の図と共に「つやつやとした葉をもち,花は白くが,やがて黄色く色あせる.花は香りが良いが,葉や樹皮に傷をつけると,ケンペルの言うとおりオオウイキョウ由来の樹脂(sagapenum)のような非常に不快な臭いがする.今のところ熟した実はなっていないが,未熟の実は4室からなっていて,ケンペルがいう,こぼれだす3つの種より多い」とあり,「丈夫な温室用の灌木である」とされている(左図).

一方Tovah Martin らの “Old-fashioned flowers: classic blossoms to grow in your garden (Brooklyn Botanic Garden - 2000 )” には,米国には,英国より5年早く 1789 年には導入されていて, “Pittosporum tobira has rhododendron-like, forest green leaves topped by umbels of intensely fragrant, cream-colored flowers. It remains a very popular indoor plant.” と書かれている.米国でも寒い地方では屋内で育てられているのであろう. 

現在では世界各国,特に海岸地方で装飾用樹木として,また,葉物生花 (cut foliage) の素材として広く育てられ,米国フロリダ州はその一大生産地である.1983年の統計では,全米の葉物生花の5%のマーケットをトベラが占め,とくに斑入りの葉の枝は緑のものより高額で取引されたとのこと.日本でも,ヤツデと共に装飾用また生花用の素材として見直しても良い植物であろう.
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

http://psieboldii.blog48.fc2.com/tb.php/152-eaeb52af

プロフィール

花盛屋敷

Author:花盛屋敷
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

Please visit my another Blog

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

RSSリンクの表示

最新コメント

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。