スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カーチスのボタニカルマガジン-2 (第一&ニ巻) "Botanical Magazine" Vol.1 & 2

『ボタニカル・マガジン』の扉やまえがきは下図の通りで, "A Garden is the purest of human Pleasures." という,フランシス・ベーコン (Francis Bacon, 1st Baron Verulam (1561?1626) ) 著 『随筆集 第四六節 庭園について』  の冒頭の 「全能の神が、はじめに庭園に植物をお植えになった。そして、実際、それは人間のよろこびの中でいちばん純粋なものである」 から採られたモットーが掲げられた.

Curtis BM FPage副題の「キュー植物園栽培植物図譜(or Flower-Garden Displayed)」によって,雑誌の目的が定められた.それは「露地,温室,加温室で栽培されているもっともあでやかな異国の植物」を図示し,解説を施すことであった.図は「自然に近い彩色が」なされ,「リンネの分類法に基づいた種名や属名,原産地と開花時期」,並びに「その栽培に役立つ定評ある情報」も記され,「淑女・紳士・庭師の方々にお使い頂き,栽培する植物に科学的に親しんで頂くため」とした.

原文は "THE BOTANICAL MAGAZINE; OR, Flower-Garden Displayed:
IN WHICH / The most Ornamental Foreign Plants, cultivated in the Open Ground, the Green-House, and the stove, are accurately represented in their natural Colours.
TO WHICH ARE ADDED, / Their Names, Class, Order, Generic and Specific Characters, according to the celebrated Linnaus; their Places of Growth, and Times of Flowering:
TOGETHER WITH / THE MOST APPROVED METHODS OF CULTURE.
A WORK / Intended for the Use of such Ladies, Gentlemen, and Gardeners, as wish to become scientifically acquainted with the Plants they cultivate.
By WILLIAM CURTIS, Author of the Flora Londinensis."

CBM 1005 CBM 1006
[33]  Aster tenellus. Bristly-leav'd Aster. a native of Africa
[37] Chironia frutescens. Shrubby Chironia. different parts of Africa,
CBM 1007 CBM 1008
[38] Viburnum Tinus. Common Laurustinus. Portugal, Spain, and Italy,
[42] Camellia Japonica. Rose Camellia. both of China and Japan,ツバキ この雑誌に最初に登場した日本の植物
[33] は第一巻,それ以外は全て第二巻(1787)に収載の図譜,銅版手彩色.
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

http://psieboldii.blog48.fc2.com/tb.php/158-de51c901

プロフィール

花盛屋敷

Author:花盛屋敷
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

Please visit my another Blog

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

RSSリンクの表示

最新コメント

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。