スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カーチスのボタニカルマガジン-3 (第二&三巻) "Botanical Magazine" Vol.2 & 3

ウィルフリッド・ブラント『植物図譜の歴史 芸術と科学の出会い(The art of botanical illustration 1951)』森村謙一訳(八坂書房,1986)より,引用

後続本の価格と挿入される図版数は年によって変動したが,平均図版数は毎年四十五点ほどであった.
はっきりした証拠は何もないが,『ボタニカル・マガジン』のもっとも古い図版の何点かはカーナス自身の制作とされていた.しかしウィリアム・キルバーンとジェイムズ・サワビィ,一年後にシドナム・エドワーズの三人が,最初の二十八年間の全作品のほとんどを担当した  もっともそのうちの大部分はエドワーズが彫版師サンスムと一緒に制作したのである.
1799 年にカーナスが世を去った後は,友人のジョン・シムズ(1749-1831)が運営全般と編集業務とを引き継いだ.シムズの編集のもとで多数の南アフリカの植物,ことにアヤメ科植物が図示された.

シドナム・エドワーズが雑誌との関係を断った 1815 年以降,いろいろな画家たちが図を描いたが,その中にジョン・カーチスとウィリアム・ハーバートもいた.そしてウィリアム・ジャクソン・フッカー 1785-1865)が登場した.フッカーは 1826 年に雑誌の編集と作図とを引き継いだ.長年にわたるウィリアム・フッカーの在任中,1841 年に新しく国営化された王立キュー植物園の園長にも就任したので,植物園と『カーチス・ポタニカル・マガジン』(Curtis's Botanical Magazine, 当時このように呼称された)との結び付きは非常に密接かつ親密になった.そうしたつながりで入念な解剖図と断面図がつけられるようになり,今やこの雑誌は真に科学的性格が備わり,この雑誌は「婦人方のためのお絵描きの本」に過ぎないと 1805 年に冷笑したソーントンの考えは,ついに取り消されなければならなくなった.
1834 年に,ウォルター・フィッチがフッカーの図版制作を助けるために加わり,まもなくこの雑誌の唯一の専任画家となり,1877 年までその任にあった.1845 年以降はフィッチは自分で石版画も制作するようになった.そしてその作品は,彫版師の手になるばかりではなく,自ら製版することによって,ずっと質がよくなった.

CBM-1009 CBM-1010

[49] Soldanella alpina. Alpine Soldanella. Germany,イワカガミダマシ(第二巻, 1789)
[84] Tussilago Alpina. Alpine Coltsfoot. a native of the Alps, of Switzerland, and Austria(第三巻, 1790)

CBM-1011 CBM-1012

[92] Saxifraga Sarmentosa. Strawberry Saxifrage. a native of China(第三巻, 1790)
[128] Alyssum Deltoideum. Purple Alyssum. a native of the Levant(第四巻, 1790)

いずれも銅版手彩色
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

http://psieboldii.blog48.fc2.com/tb.php/159-79394312

プロフィール

花盛屋敷

Author:花盛屋敷
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

Please visit my another Blog

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

RSSリンクの表示

最新コメント

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。