スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドイツ・オーストリア・スイスの花(2/5)

Flora von Deutschland, Österreich und der Schweiz in Wort und Bild für Schule und Haus(多色石版)
原図を描いた主な画家はワルター・ミューラー(図譜に W. M. とサイン)で,「ミューラーはライプチヒに近いゲラで活躍した植物画家で,構成力に優れた作品を多数書物に残している.」と記され,当時としては植物画家としての重鎮で,他には Köhler’s Medizinal Pflanzen にも図譜を描いている.これ以上のことは調べ切れなかった.
いかにもドイツ的な科学的に正確な描写で,植物図譜としては教科書的であり,多色石版の特徴を十分に発揮しているが,図は詩情には欠ける.旧京都帝国大学の薬学部では Köhler’s Medizinal Pflanzen の図譜を掛図として教育に用いた.
Front Page FVD-16 FVD-18
Front Page
1886 Aconitum stoerkeanum; Monk's Hood,トリカブトの近縁種
1886 Agrostemma githago; Purple Cockle,ムギナデシコ

FVD-10 FVD-5 FVD-8
1886 Abies alba; European silver fir,ヨーロッパモミ
1886 Alisma Plantago; オモダカの近縁種
1886 Allium Schoenoprasam and Allium Cepa; シロウマアサツキ, タマネギ
このヨーロッパモミの図は完成度が高く「ボタニカルアートの世界」(朝日新聞社編 1988年)でも使われている.
(続く)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

http://psieboldii.blog48.fc2.com/tb.php/89-d059b635

プロフィール

花盛屋敷

Author:花盛屋敷
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

Please visit my another Blog

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

RSSリンクの表示

最新コメント

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。